記事詳細ページ

シャンペトル

シャンペトル:画像

私はまったく初めて聞く単語だったのですが、実は1970年代にすでに流行っていた、と。

 

以下は、「農耕と園芸」というHPから一部抜粋したものです。

 

日本の花業界でも「シャンペトル」とよばれる花束やアレンジメントのスタイルが広く

知られるようになってきた。フランス語のchampêtre、「田園風の、田舎の」という

ような意味の言葉から出てきたものらしい(champは野原で、「シャンゼリゼ通り」

というのは、エリゼの野。つまり、そこが昔は草の生い茂る野や沼だらけだったことを

表しているそうだ)。

シャンペトルスタイルは1970年代にもパリで流行した。その頃は、野原に咲いた花を

無造作に花瓶に投げ入れるというスタイル。現代のシャンペトルは、花材が多種多様に

なったおかげでより洗練され、ナチュラルなスタイルとして定着している。

 

今年から1年限定で、業務の都合上、現代農業という雑誌の定期購読を始めました。

 

その5月号をめくって最初の特集が「今売れている野の草花」というもの。

登場しているのは福島県昭和村のKさん。紹介されている山野草を見てびっくり!

 

ニガナ、クローバー、カモガヤ、ササ、カラマツソウ、カラハナソウ、ギシギシ、

ヨウシュヤマゴボウ、ヒメジョオン

 

どれもこれも、いわゆる雑草。カモガヤに至っては、花粉症の敵と目されている代表格の

うちの1つです。これらが売れるの???

 

センスがあれば売れるんですね。

 

確かに、よく行くお花屋さんに、セイタカアワダチソウやヨウシュヤマゴボウが置いて

あるのを見てびっくりしたことがありました。

 

< セイタカアワダチソウ >

 

< ヨウシュヤマゴボウ >

 

やっぱり何事もセンスが重要。そして、ひとたび雑草が売れる、となった時、ものの見方

がガラリと変わるのは容易に想像がつきますね。センスに加えて知識・情報が大切です!

 

これまで縁遠かった分野にこそ、様々な可能性が眠っていることを感じた瞬間でした。

2024.04.14:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,563,654pv (2016.09.02~) Today 109pv Yesterday 161pv Contents 811pages