記事詳細ページ

オレの山一迫、3区画募集開始!

オレの山一迫、3区画募集開始!:画像

ふくろうは主に夜行性の猛禽ではありますが、日中に2回見たことがあります。

一度は神奈川県の三浦半島。そしに2回目はオレの山一迫です。

 

スマホで写真を撮ろうと慌てたものの、パスワードを入力し間違ったりしているうちに

飛んでいってしまいました。

 

いずれにしても、いることは間違いない!

スズメバチ先生の中村雅雄さんの森(横浜市保土ヶ谷区)にもふくろうがいて、巣箱を

設置したら入ってくれた、ということで、ネットで調べて取り寄せました。

 

 

さすがに小鳥用の巣箱とは違い、全体の大きさも大きく、何より穴が大きい!

 

中村さんに設置場所のアドバイスをいただいたら、カラスに上空から見つからないような

ところがいいんじゃないか、ということだったので、スギ林の中に設置しました。

 

 

そして、この日は、テーブルと椅子を初めて林内に設置してみました。

やっぱりそれだけで気分が上がります。

 

 

一迫の森は3.5ha と非常に広いので、500坪の区画は10区画は楽々取れるのですが、

まずは手始めに3区画募集中です。

 

築館インターから約15分。駐車場もあり、近くに人家はありますが、車の往来はほとんど

なく、森にいる気分に浸れます。敷地内にため池が2つあり、植林された針葉樹が一部

ありますが、大半はコナラやクリ、サクラなどの広葉樹。

 

森のサブスクとして、年間レンタルをこの4月からスタートします。

500坪、1年間自由に使えて6万円(月々5000円)。

 

ワイルドキャンプの醍醐味を存分に味わえる空間です。

清潔なバイオトイレも設置しているので、女性でも安心です。

 

 

併せて、キノコの原木オーナーも募集しています。

昨年はシイタケとムキタケを20本すべて完売しました。

 

今年はシイタケとクリタケを15本ずつ計30本用意しました。

築館の森で適切に管理させていただきます。

 

収穫は来年秋から約4〜5年楽しめるそうです(キノコ先生談)。

1本3000円でオーナー募集しています。いかがでしょうか?

(直径15僉20×長さ90僂離灰淵藐玉擇房鏘霏任塑僉

 

↑ GWまでは段ボールで保温し、ビニールシートとブルーシートで覆い、種菌を根付かせ

ます。

 

お問合せ・ご相談お待ちしてますね。

yoshihiro@iki-sangyo.co.jp  090-3640-9746  長谷川嘉宏

2024.04.07:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,563,638pv (2016.09.02~) Today 93pv Yesterday 161pv Contents 811pages