記事詳細ページ

センサーカメラで小鳥観察

センサーカメラで小鳥観察 Р菫

通称「オレの山築館」に、去年巣箱を設置しました。

警戒心が強い野鳥にとって、こういった人工物を、キャンプサイトのすぐ近くに設置した

ところで、入ってくれるのかな、という疑問はありました。

 

しかし、入口の穴の周辺に、鳥の爪痕が多数あることに気づきました。

考えてみると、以前もカラスに襲撃されて、巣箱そのものを破壊されはしたものの、

柔らかい草のベッドが敷かれていたのを確認しており、場所的な問題はなさそうなのです。

 

この時の教訓から、巣箱の板厚が薄いのはダメと知り、今のはしっかりした造りです。

ここにセンサーカメラを取り付けることによって、どんな可愛い鳥が来ているのかを

知りたい、と思いました。

 

今後は設置個所をいろいろ動かして、その場その場にやってくる野生動物観察に充てたい

と思っています。

 

 

2024.03.10:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,539,120pv (2016.09.02~) Today 149pv Yesterday 202pv Contents 801pages