記事詳細ページ

元旦は、心を掃き清める日

元旦は、心を掃き清める日:画像

初日の出、初詣。

何のために見に行く? 何のために詣でる?

 

確かに雄大な山や広大な海から上がる朝日は格別です。

これは元旦に限らず、常に神々しいですね。

 

私の場合は、大晦日の朝に毎年洋上でこの素晴らしさに涙します。

だから初日の出にはあまりこだわりません。すでに年頭の決意は出来上がっています。

 

初詣は、心を清らかにし、誓いを立てるために詣でるのでしょう。

しかし、大混雑の中では、とてもそういう気分には浸れません。

 

ということで、もう何年になるのだろう…。

元日の朝は、心を掃き清めるためと、程よい運動のため、毎年あることをしています。

家の前の通学路、通称「森の小径」に続く96段の石段に積もった落ち葉を掃き清めます。

 

イギリスの諺に、「毎日牛乳を飲む人よりも、毎日牛乳配達をしている人の方が健康で

ある」というのがあるそうです。クスっとなりますが、間違いなく真実でしょう。

 

神主さんによって掃き清められた神社でお参りするよりも、自ら近所を掃き清める方が、

心が清らかになって清々しい気持ちになる、と言って、誰が反論できましょう。

 

 

 

 

今年も妻が手伝ってくれ、3時間でごみ袋10枚分。

階段も心もすっかり綺麗になりました。

2024.01.07:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,539,067pv (2016.09.02~) Today 96pv Yesterday 202pv Contents 801pages