記事詳細ページ

ワイルドキャンプはタイムマシン

ワイルドキャンプはタイムマシン:画像

今週末、ある団体の芋煮会を「オレの山築館」で行うので、その準備のため掃除点検整備

などを行ってきました。

 

女子トイレにはこれまでもカマドウマが何匹かいたのですが、今回中に置いてあった

重量物ほか全てを取り出し掃除してみて唖然!

 

何と、カマドウマ100匹以上!!

 

冬を前に、温かいこの場所で巣ごもりしたくなる気持ちはわかります。しかし、さすがに

これをみた女子は「ギャッ」となること間違いなし。心を鬼にして殺処分させていただき

ました。

 

同様に、センターサイトも置いていたものを動かして掃除しました。丸太を動かしたら、

カメムシがいっぱい! こちらは特別問題はないと思い、そのまま放置しました。

 

男子トイレは、これまで都度設置していましたが、たまたまとても良い厚い板材を

もらったことで、フローリング床のトイレとして常設にしました。

 

 

おっと、本題から外れてきました。諸々の準備作業のためにテント泊しました。

夜、つまみを炙り、つまみを燻し、独り炎を眺めながらあれこれ想像するのは楽しい

時間です。

 

この時、普通のキャンプ場の場合、付近に灯りがあったり、人の気配がありますね。

最近は大声で騒ぐ人は少なくなってきていると思いますが、思いにふけるにはやや

向かないと言えるでしょう。

 

誰もいないワイルドソロキャンプ。水も電気もない環境に身を置くことで、

原始時代、弥生時代、平安時代、戦国時代、江戸時代、明治大正昭和など、

過去には空想列車が自在に行き来できます。

 

太古の昔、オオカミが生息していた頃は、火を燃やし続けることが、安全上必要でした。

今はオオカミの心配は不要ですが、熊は常に考えておかなければなりません。

 

いざというときの熊撃退スプレーは常に身近なところに置いてあります。

しかし、そもそも寄ってきてほしくないですよね。

 

そこで、弊社が今、認知度を広めようと努めている「熊をぼる」の出番です。

 

 

こちらは携帯用です。ちょっと燻製のような臭いがしますが、安全には変えられません。

ワイルドソロキャンプを楽しむ大前提として、安全安心が太古の昔から重要ですね。

2023.11.05:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,526,545pv (2016.09.02~) Today 422pv Yesterday 188pv Contents 799pages