記事詳細ページ

皮むき間伐

皮むき間伐:画像

里山の森の整備作業を進めるにあたり、ベースとなる屋根のあるスペースは必須です。

 

「オレの山築館」(2023年度レンタル完売)の場合は、大型のタープテントで代用して

きました。

これはこれで悪くありませんが、風に弱いのと、紫外線で生地がもろくなり、やがて張力

に負けて破れてしまうので、経済的とは言えません。

 

 

「オレの山一迫」では、ログハウス、と言いたいところですが、百歩譲って簡単な

丸太小屋を作りたいと思っています。

 

敷地内に植栽されているスギのうち12本を間伐木として指定。

皮むき間伐なるやり方で、イベント仕立てで実施しました。

 

この塩おにぎりと枝豆のトレイとなっているのは、剥いたばかりのスギの皮(ラップで

くるんでますが)。

 

「皮むき間伐」とは、夏場にスギやヒノキの樹皮(表皮から形成層の部分)だけを剥ぎ、

1 年間切倒さず、 立ったままゆっくりと枯らす間伐手法です。

 

こうすることにより、伐採する時には木の水分がすでに抜けている状態なので、

軽々持ち運べるという利点があります。

 

夏場、というのがミソで、樹皮の下に水分をたっぷり含んでいるので、ツルツルツルッと

気持ちよく?けるのです。秋になると少しずつ水分を吸い上げる量が減っていくため、

ツルツルとはいかなくなります。

 

実はたった1週間の違いでそれを実感しました。

イベントを実施したのは9月10日。

 

その中で7本できたのですが、残り5本を翌週9月18日に一人でやりました。

1週間前は、子供達でもラクラク剥けたのに、実に剥け方が悪くなっちゃってました。

汗だくだく(笑)。

 

 

いずれにしても、1年後の伐採〜小屋づくり、楽しみです!

2023.09.24:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,526,522pv (2016.09.02~) Today 399pv Yesterday 188pv Contents 799pages