記事詳細ページ

エンディングノート

エンディングノート:画像

エンディングノート、何歳になったら書きますか?

 

先日、1級終活カウンセラー渡辺己紀子さんの終活セミナーを受講しました。

答えはご想像のとおり、「今でしょ」。

 

実は私は好奇心旺盛なので、すでに2冊のエンディングノートを書いてました。

清月記さんからいただいたものと、保険会社さんからいただいたものでした。

 

どちらもそれぞれ特徴があり、葬儀社さんは葬儀関係が詳しく書けるようになっており、

保険会社さんはやはりそれ相応でした(笑)。

 

セミナー受講にあたり、どんなことを書いてたのかなぁ、と読み返してみました。

何しろ6〜7年前に書いたものだったので、一部情報が古くて、書き換える必要性を

感じました。

 

笑えたのが「過去の自分」というコーナー。

「幼少期」「小学校時代」「中学校時代」「高校時代」・・・

 

エンディングノートは、残された人が困らないように、本人しか知らない情報で

知らせておいた方がいいものを書く訳ですが。。。

 

「中学校時代」

〇〇さんに告白した。性への目覚め。

 

そんなこと書かれても、読んだ人(妻、子供達)、ポカンだろうな、と。

いや〜、笑える笑える(笑)。

 

それはさておき、セミナーは、やはりさすが総合的に大切なことをお話しいただき、

さっそく新たに書き直そうと思わせてくれたのでした。

 

ちまたにはたくさんの種類のエンディングノートが売られています。

ちなみに生協黒松店の2階にも小さな本屋さんがあり、ここにはないかもな、と思って

探してビックリ! なんと、この小さな本屋さんに11種類ものエンディングノートが

売られているではありませんか! 

 

先生によると、市場で一番売れているのはコクヨのものらしいですが、おススメは

ベルコが無料提供しているもの、とのこと。

 

へえ。それは意外。

 

もちろんさっそくGETしてきました(笑)。

2023.02.05:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,551,845pv (2016.09.02~) Today 186pv Yesterday 289pv Contents 806pages