記事詳細ページ

故郷で錦を織り続ける

故郷で錦を織り続ける:画像

“故郷に錦を飾る”ことは立派なことであるが、
“故郷で錦を織り続ける”ことはもっと素晴らしいことである。


株式会社タテイシ広美社(広島県府中市)の立石克昭氏。
立石さんは、24歳の時地元で看板業として起業、
現在は「情報伝達業として情報を形にする」事業を展開している。

「経営とは地域の暮らしを守ること」
田舎に雇用の場をつくることが中小企業の社会的使命がと考え、
地域に根ざし、故郷で錦を織り続ける会社づくりに取り組んでいる。
 

2022.06.02:[カウンセラー広場]
SORIDA’s NOTE:画像

SORIDA’s NOTE

○住活の達人;土地と住宅の相談窓口仙台 ○反田快舟(そりだかいしゅう..

Access 1,206,404pv (2016.09.02〜) Today 387pv Yesterday 635pv Contents 681pages