記事詳細ページ

予祝(よしゅく)

予祝(よしゅく):画像

予祝とは、古代から日本人が行っていた『夢の叶え方』です。

満開の桜の花を、秋の豊作の稲穂に見立てて祈ったのが、花見の始まりと言われています。

 

夢が叶った時の嬉しい感情を先取りして、『今味わい』『喜び』『祝う』ことで、

夢を現実に引き寄せることができます。

 

さて、ここまで読んで、本当かなぁ、怪しいなぁ、と思った人もいるでしょう。

そう思った人はそう思った通りのことが現実化します。つまり良いことを引き寄せる

ことができません。たまたま良いことはもちろん起きるでしょうが。

 

そして、そうかもしれない、やってみよう!という人は、その通りに、心からそれを

やることで現実を引き寄せることができます。まずここが大きなターニングポイント。

 

当然、やり方にはコツがあります。

 

POINT1

夢が叶った時の「映像」「音」「におい」「味」「肌で感じる感覚」など、五感を使って

できるだけリアルに想像して、喜び祝います

 

POINT2

予祝した後は、心を空にして、夢が叶うか叶わないかの結果は天に委ねて、明るい気持ち

で過ごします。夢に執着し過ぎて心が曇ってしまうと、喜びの感情(波動)が天に届かず

叶いません。いつも明るい気持ちでいることが大切です。

 

POINT3

大切なのは「振り返り」です。今日1日どんなことがあったか、ていねいになぞってみる

と、身近な小さな出来事に気づくでしょう。予祝した夢に近づく小さな出来事が起きて

いることに気づいたら、そのことに感謝します。《 心が現実を創っている 》ことが

実感できるでしょう。

 

ここまで読んでも半信半疑かもしれません。

これをやるのにいくらかかりますか? 膨大な時間がかかりますか?

 

損はありません。私も知っていたはずなのに、しばらくやってなかった!

そこで、最近またやり始めました。2つのことを毎朝予祝しています。

2022.04.24:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

長谷川嘉宏のハモコミノート

株式会社壱岐産業(仙台市)の代表です。

Access 1,235,815pv (2016.09.02〜) Today 1,713pv Yesterday 1,036pv Contents 713pages