記事詳細ページ

長寿法

 「長寿法」(帯津良一著、海竜社)と言う本について紹介します。

1.冷やすな

[笋┐亘病のもとと知る。⊃べ物・お酒・気功・運動・お風呂・日向ぼっこ・お灸など、自分の取り入れやすい方法で体に熱を補給する。2鴇譴領篷爾篶笋燭た事で体を冷やさない。に擦靴機⊆笋靴機▲好肇譽后▲轡腑奪で心を冷やさない。笑い、ときめきで心を温め、自然治癒力をあげる。ッ繁爾納分を甘やかさない。ときには厳しい自然環境に身を置くことで免疫力アップ。

2.食べろ、食べるな

/べ過ぎで体に負担をかけない。胃腸を休ませてあげるために、空腹のタイミングを上手につくる。△腹を満たすだけの食事にしない。ひと口ずつ噛みしめて心にときめきを。K腹状態ですぐに寝ない。夜食は控えることが望ましい。食後はひと休みをしたあとに軽い運動を。ぁ崑里砲いい發痢廖峺艮」「休肝日」に過度に縛られない。食事は自分が楽しめ、喜びを感じられることを重視する。タ事をいただけることに感謝する。いつまでも食事を楽しめるように歯の健康を保つ意識を。

3.眠れ、眠るな

〔欧蟆瓩ることはかえって体をだるくする。自分に合ったほどよい時間の睡眠を。寒々しく一人で寝ない。パートナーやペット、抱き枕と一緒に。一人のときにはすてきな人や楽しいことを思い描きながら眠る。L欧譴覆ぁ⊃乙きが悪いときには内観の法を。必要に応じて、適切な範囲でお酒や薬の力を借りてもよい。ぬ欧譴覆い海箸藁匹ないこと、という観念を捨ててみる。日中、一生懸命働くことで夜は自然とスーッと眠りにつける。ズF眠りから目覚めたことは実は当たり前のことではない。新しい一日が始まることを初々しい気持ちで喜んでみる。

4.ためるな

/べること・入れることとともに、出すことも大切。食物繊維、呼吸法で腸を刺激し、体を軽くする。△金や情報をためこみすぎない。仕事もためずにコツコツと。性欲も年を理由に慎もうとせず、認めてあげる。心をときめかせることで気が勢いよく巡り、いい循環ができる。ストレスもまずは「よく来た」と歓迎してみる。し鮃診断の結果で一喜一憂しない。数字はあくまでも参考程度に。セ爐砲弔い討世譴と語り合ったり、本を読んでみる。死後の世界をイメージし、楽しみにするぐらいの気持ちをもつ

5.怠るな

\枯敬損爐反新に向き合うことが人生を充実させる。好奇心をなくさない。興味のあることをやり続ける。チャレンジ精神をもって人生のラストシーンを充実させる。自分が死んだあとの心配をやめる。執着は捨てて、今やりたいことに徹底的に力を注ぐ。た箸里泙錣蠅寮験茲涼罎砲箸めきを探してみる。当たり前に思うことの中に小さな恋や奇跡を見出す努力をする。ズFを地球最後の日だと思って生きる。自分自身をより良く生きることが、地球をより良くすることにつながると思って生きる。

 80歳を過ぎた現役の医者の養生訓であり、人生を生き抜く知恵が詰まっていると思う。少しでも、これを参考にして年を重ねて行きたいものである。

2020.12.29:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

Access 931,107pv (2016.09.02〜) Today 8pv Yesterday 221pv Contents 590pages