記事詳細ページ

身体の代謝を高める漢方

 身体の代謝を高める漢方についてクラシエ蠅侶鮃セミナー内容を紹介します。

 漢方にも副作用がある。葛根湯は、1800年前から使われており、風邪のひき始めに効用がある。7つの生薬(植物・動物・鉱物)からなり、それは、葛根、麻黄、桂枝、大棗、生姜、芍薬、甘草である。錠剤、果粒剤、ドリンク剤もある。

 漢方には5味があり、酸、苦、甘、辛、かん(塩辛い)である。薬の神様である、神農に薬効が記載されている。風邪のひきはじめ、ゾクゾクするときは葛根湯が、喉の炎症には銀りょう散が、発熱には麦門冬湯が良い。

 また、「つぼ」があり、ごうこく(手)、ふうち(頭)を指圧すると良い。コロナウイルスも再流行の兆しがあり、風邪には十分に気を付けたいものである。

2020.11.30:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

Access 931,084pv (2016.09.02〜) Today 206pv Yesterday 357pv Contents 590pages