記事詳細ページ

2446段、大木の合い間をひた登る

2446段、大木の合い間をひた登る:画像

山形県羽黒山と言えば出羽三山神社。出羽三山神社とは、月山神社、湯殿山神社、

羽黒山神社の3つが一緒になった神社です。

 

門をくぐってしばらく下り道を降り切ると、須賀の滝が見えてきました。

おおっ、なかなかの迫力。鎮守の森だけに杉の木が見事!

 

 

神社のいいところは、こういう立派なご神木を眺めることもその1つ。

祓川の流れも爽やかでした。

 

その後ほどなく国宝五重塔が見えてきます。

 

 

そしてその後は、上りの急な階段が延々続きます。

目的なく登るのは辛いほどの1時間のハードウォークです。

 

救いは、両脇に連なる杉の大木群。その見事な根元に畏敬の念が湧いてきます。

 

 

 

登り切ったところは非常に広い境内。お参りして、玉こんにゃくを食べて、

1時間で登ってきた階段を20分で駆け下り、ミッション完了。

 

翌日は、もれなくついてくる筋肉痛(笑)。

やっぱりこういうところは、慌てずゆっくり往復するのがよろしいようで(笑)。

2020.10.25:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
HASEGAWAs NOTE:画像

HASEGAWAs NOTE

長谷川嘉宏代表取締役出身/仙台市(ルーツは、父方:長崎県壱岐と母方:神..

Access 905,470pv (2016.09.02〜) Today 125pv Yesterday 486pv Contents 574pages