記事詳細ページ

新型コロナウイルスについて日本は集団免疫状態に

 新型コロナウイルスについて日本は既に集団免疫を獲得した状態にあると言うネット動画を見たので紹介します。

 京都大の上久保Drの研究によると、感染者の統計分析から、最初に中国からインフルエンザS型(弱毒性)が入ってきた。データ分析すると月日まで特定され、2019年の12/23と推定される。続いてインフルエンザK型(弱毒性)が2020年の1/13に入ってきた。このころ、中国人が多数来日して、日本人の54%が集団免疫を獲得した。ここで、ウイルス相互干渉と言う現象があり、インフルエンザとコロナは共に発症しない。その後、抗体依存性感染増強によりS型→G型にウイルス変異した。コロナ武漢G型(強毒性)は1/23発生し、武漢封鎖され人口1千万人の半分500万人が海外へと避難した。そのころ、184万人の中国人が日本へ来ており、欧米G型は日本では実効再生産数が1/(1-R0):0.85であり、既に85%が集団免疫を獲得(死亡者数が増加してない)している。インフルエンザK型は、T細胞免疫(抗体はB細胞免疫)であり、いずれも免疫(1月頃、咳や痰)を獲得している。

 現在、集団PCR検査は、無症状(免疫獲得者)が陽性と思われる。ウイルス有りが陽性、ウイルス無しが陰性であり、即ち、ウイルス暴露=感染者とカウントされている。抗体キットは用意済みで、検査キットの規格が高すぎて検出率小なのである。マスク、3密は誤解であり、欧米と日本は違う。ウイルスと共存すること(ブースター効果)が大切である。

 後日、集団免疫獲得の記者会見(上久保Dr、奥村P)をしたが、大手メディアは全てスルーし、専門家も危険と言った方が無難であり、ワイドショーは不安をあおり視聴率を稼いできた。死亡人数が欧米の1%以下であり、山中PがファクターXと言ったのは、この辺に理由がありそうだと感じた。

 

2020.09.27:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

Access 905,468pv (2016.09.02〜) Today 123pv Yesterday 486pv Contents 574pages