記事詳細ページ

睡眠力

 以前、マットレス・メーカーのセミナーを受講したので報告します。今、日本人の5人に1人が睡眠不足であると言われ、睡眠不足の経済損失5兆円とも試算されている。

 従来、睡眠についてはきちんとした研究がなされて来なかったが、1963年、スタンフォード睡眠研究所の所長・西野Drにより「睡眠の科学」と言う論文(本)が出された。その中で、短時間睡眠は時代遅れであり、8時間は取るべきとの宣言が出された。3年前にNHKスペシャルで「睡眠負債」と言う番組を覚えている人もいるだろう。脳の筋肉の働き、感情、やる気、がん細胞、認知症の原因物質が脳に蓄積して行き、それに対し睡眠中に行われることは、ホルモンバランス調整、自律神経の調整、老廃物の除去、記憶、免疫力、休息である。特に、黄金の90分と言う時間帯があり、最初の90〜120分にノンレム睡眠3,4集中する。自律神経や成長ホルモンにとって、万能サプリメントと言える。そして、人は眠っている間に進化するとのことである。

 上質な睡眠の6つのポイントは、\験茱螢坤爐鮴阿┐襦日中、適度な運動をする。食事に気を付ける(タンパク質)。そ⊃価阿慮の刺激を抑える。タ蕊体温を下げる。高反発マットを使う。マットレスのメーカーのセミナーだけあって、最後は自社商品の宣伝となった。

2020.09.22:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

Access 905,458pv (2016.09.02〜) Today 113pv Yesterday 486pv Contents 574pages