記事詳細ページ

コロナよもやま考

コロナよもやま考:画像

世の中コロナ一色に染まっています。

ウィルスのこと、対策のこと、その他、直接の情報はTV新聞を中心とした報道に任せる

として、いつ収束するかによって、抜き差しならぬ状況が訪れる可能性があります。

 

大自然の本質は、万物の生成発展。

ここでこけてしまうものは、大自然から賛同されないもの、と受け止めたほうがいい

のかもしれません。

 

つまり、本当にいい方向に向かうための一時的な後退。

ホンモノだけが残るふるいにかけられているのかもしれない、ということ。

 

しかし…。

 

本来、人は人とつながって、お互いが仲良く協力し合って、ものごとを創造し、

また課題解決にいそしむようになっていると思われます。

 

それなのに今、人と人のつながりがウィルスによって遮断されようとしているわけで、

これの意味するところをどう読み解いたらいいのか、考えてみました。

 

その1:WEB上でのコミュニケーションの活発化

その2:直接会って

2020.03.01:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
HASEGAWAs NOTE:画像

HASEGAWAs NOTE

長谷川嘉宏代表取締役出身/仙台市(ルーツは、父方:長崎県壱岐と母方:神..

Access 828,179pv (2016.09.02〜) Today 525pv Yesterday 430pv Contents 546pages