記事詳細ページ

白鷹若鮎マラソン

白鷹若鮎マラソン:画像

山形県の大会としては、温海さくらマラソン、寒河江さくらんぼマラソンに続き、

3回目となる白鷹若鮎マラソンにハーフマラソンの部として参加してきました。

 

7月から2か月間、ひざ痛のためまったく練習ができず、大会10日前にようやく5km、

1週間前に6km、5日前に8km、2日前に12kmと、ちょっとずつ伸ばして、

なんとかギリギリ走れるかな??という体での参加。

 

痛みがぶり返してきたり、練習不足で途中棄権もやむなし、と割り切っての参加。

折り返し地点までは、本当にゆっくりゆっくり走り、なんとか無事完走できました。

 

白鷹町というと、鮎の『ヤナ』で有名ですね。

実は、鮎は産卵のため秋に川を下っていきます。いわゆる『落ち鮎』です。

 

 

下の写真でわかるかどうか、川の真ん中に、鮎にとっての運命の分岐点があります。

右に行くとヤナ、左に行くと浅瀬が続き、シラサギが待ち構えています。

なかなか大変です(笑)。

 

 

右を選択した鮎はご覧のとおり(ちょっとブラック?)。

 

 

この落ち鮎の時期の3連休に合わせて「鮎まつり」が開催されており、マラソン後、

仲間たちのここで遅めのランチとなりました。

「いただきます」とは「命をいただくこと」。

それを感じることは悪いことではありません。

 

ちなみにヤナに入るのは早朝だけだそうです(水量が多いときは日中も多少)。

 

これまでせっかく鮎の稚魚を放流しても、ブラックバスやサギ、カワウに食べられて、

ヤナにかかる量が思わしくなかったと聞きました。

 

今年は試験的に少し大きくなった稚魚を放流し、ブラックバスに食べられないようにした

ほか、ブラックバス釣り大会と称し、駆除をはかったそうです。

 

一方、シラサギの巣の調査をしたところ、ヤナのすぐ近くに300もの巣が確認された

そうで、県として対策を考えているとのことでした。

 

イノシシ、クマ、サル、カラスなど、人間 VS 動物の共存共栄への道は延々続く…。

2019.09.29:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
HASEGAWAs NOTE:画像

HASEGAWAs NOTE

長谷川嘉宏代表取締役出身/仙台市(ルーツは、父方:長崎県壱岐と母方:神..

Access 739,136pv (2016.09.02〜) Today 371pv Yesterday 555pv Contents 490pages