記事詳細ページ

MRI 脳ドックで思ったこと

MRI 脳ドックで思ったこと:画像

 

今年は徹底的に体を検査してもらおう(悪い自覚症状はまったくなし)ということで、

胃カメラ、ピロリ菌検査、大腸内視鏡検査、血液詳細検査などを行ってきました。

締めくくりは、私にとっては人生初のMRI 検査+頸椎エコー=脳ドックです。

 

実は閉所恐怖症気味であることを自覚している私。

MRI の狭い機械に頭を入れて、気が変になったりしないだろうか?

と、密かに心配していたのでした。

 

事前問診票にも、「閉所恐怖症の方は受診できない場合もございます」

と書いてあるではないか!

 

極めつけは当日のランチでいつもの中華屋さんの奥さんと交わした会話。

「今日、これからMRI の検査なんですよ」

「えー、私あれダメぇぇぇええええ。あんな狭いところで大きい音がガンガン鳴って、

途中でやめてきた」

「え? やめてどうしたの?」

「CT検査に切り替えてもらったのよ。CTだと少し精度は落ちるけど気持ち悪くならないから」

「おお、そりゃそうだね、僕もさっそくそっちに変えてもらおう」

 

そんな流れでさっそく予約した病院にTELしたところ、

「うちではCTは肺の検査だけです。まずは来てみてください」

 

閉所恐怖症じゃない人からすればなんでもないことなのでしょうが、

私としては、ここから本番への1時間、心の持っていき方にこれまでの知見すべてを

注ぎ込みました!(ちょっとオーバーかな・・・)

 

自分に言い聞かせたこと

・世の中の大変な人に比べれば全然たいしたことない

・ユダヤ人がアウシュビッツでやられたようにガス室に送られるわけでもない

・映画「カッコウの巣の下で」のように脳変造手術をされるのでもない

・終われば必ず生還できる

・昔より設備も良くなっており、痛みも伴わず検査できるのはありがたい

・仮にここで死んだっていいじゃないか、ここまで生かせてもらったのはありがたい

・生きているだけですばらしい、ありがたい、うれしい

 

心が決まり、落ち着きました。

ビーーーー、ガーーーー、ガンガンガン、凄い音がとめどなく続きましたが、

心はかなり穏やかで、安らかでいられました。

 

そもそも恐怖症というのは自分で作りだしている、ということに今更気づいたひとコマでした。

2018.06.03:[カウンセラー広場]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
HASEGAWAs NOTE:画像

HASEGAWAs NOTE

長谷川嘉宏代表取締役出身/仙台市(ルーツは、父方:長崎県壱岐と母方:神..

Access 372,529pv (2016.09.02〜) Today 73pv Yesterday 1,175pv Contents 397pages