記事詳細ページ

認知行動療法初級ワークショップ終了報告

認知行動療法初級ワークショップ終了報告:画像

今年で連続4回目となる認知行動療法ワークショップを開催した。

今回は、原点に戻って「初級ワークショップ」

以下、そのポイントを上げると。

・認知行動療法を習得する道筋はスモールステップの積重ね。

・心理的ストレスモデルとストレスコーピング(対処法)。

 

・認知行動療法の基本モデルは、その人を取り巻く世界と、その人の相互作用をとらえること。

 その体験を、「認知」「気分・感情」「身体反応」「行動」の相互作用としてとらえる。

 

・認知の力をつけ、内省力を高め、自己理解を深めるために、「自動思考をモニタリング」することが重要。

 

・アセスメントのためのツール「アセスメントシート」

 

・認知行動療法の「基本原則」として

 1.常に基本モデルに沿って体験を理解する。

 2.セラピストとクライアントが協同作業を行う。

 3.「今、ここ」の問題に焦点を当て、問題解決していく。

 4.クライアントが自分でCBTができるようにする。

 5.宿題を出すことにより、クライアントが日常生活でCBTを実践する。

 6.毎回の内容と全体のケースを構造化する。

ことなど、を学んだ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恒例の認知行動療法ワークショップです。

今年は原点に返って初級ワークショップです。

キャリアカウンセラー、産業カウンセラー、臨床心理士などが対象ですが、一般の方にもわかりやすい内容です。

キャリアカウンセラーを目指す方やストレスを抱えている方にもおすすめです。

・内 容:認知行動療法初級ワークショップ

・日 時:11.6(日)10:00〜17:00

・場 所仙台市戦災復興記念館 4階第1会議室

       http://www.hm-sendai.jp/sisetu/sensai/index.html

・受講料:会員5,000円、一般10,000円(いすれも税込)

 ※東京で同WSを受講すると21,000円です。

お申込み・お問い合わせは、ここの文字を押すとご相談ページが立ち上がります。お名前とお住まい、認知行動療法ワークショップとご記入ください。

お電話は 090 8610 7341 反田(そりだ)まで。

2016.11.13:[でっぽ活動記録]

キャリアネットワーク事務局

私たちキャリアネットワークは任意団体です。「キャリアつながり」の仲間が..

Access 208,077pv (2016.09.02〜) Today 129pv Yesterday 429pv Contents 1,801pages