記事詳細ページ

『バイロン・ケイティ・ワーク入門』終了報告

『バイロン・ケイティ・ワーク入門』終了報告:画像

2月28日(日)9:30〜17:30

前日に引き続き、仙台フォレストにてティム・マクリーン先生と高岡よし子先生の「バイロン・ケイティ・ワーク」が開催され、23名の方が参加されました。

バイロン・ケイティ・ワークは東北で初めての開催だそうで、皆さん興味津々で参加していました。

バイロン・ケイティ・ワークというのはアメリカ人の女性が開発したもので、自分自身の大きな精神的危機を乗り越えた経験を基に、ストレスや苦しみを生み出す「ビリーフ (考えや思いこみ、価値観などを信じていること)」から自分を解放するための「ワーク」と呼ばれる方法のこと。

はじめに講師より、このワークの目的は「探求すること」であり、自分自身を裁くことでもなく、相手を許す必要もなく「自分に対しての思いやりである」とのお話がありました。

さらに、ユニバーサルビリーフ(普遍的な、信じこんでいる考え)を挙げながらペアワークやデモンストレーションを通して学びを深めました。

中には「心が開かれた実感」から涙を流す人、新たな気づきを得た人もおり、ストレスや苦しみをもたらす考えについて、それぞれが「4つの質問と置き換え」を使って探求していました。

自分の考えを変える必要はなく、ポジティブシンキングでもなく、「自分の思い」との良い関係を築くためのワークは、より自由に生きるためのツールとして活用できそうです。(文責:阿部環)

<ペアワークの様子>



<フルセッションの様子>



2016.02.29:[でっぽ活動記録]

キャリアネットワーク事務局

私たちキャリアネットワークは任意団体です。「キャリアつながり」の仲間が..

Access 178,940pv (2016.09.02〜) Today 60pv Yesterday 255pv Contents 1,799pages